製本

こんにちは。ひまわり印刷です。とうとう11月も今日で終わり。明日から12月ですね!あ!年賀状書かなきゃ~!

16-11-29-05

今日は無線綴じ機をご紹介しますね。

本屋さんで見かけることの多いのが文庫本によく見られる「アジロ綴じ」や「無線綴じ」、単行本などに使われる「糸かがり綴じ」でしょうか。

名前でなんとなくわかるように、「糸」を使うか使わないかの違いですね。アジロ綴じと無線綴じは糸を使わず糊で綴じる方法です。アジロ綴じは大きな印刷機械や製本機が必要でオフセット印刷向きですが、オンデマンド印刷を扱う弊社ではではほとんどが「無線綴じ」製本です。

下の写真はひまわり印刷で使用している製本機です。

16-11-29-04

古い機械のものになりますが(笑)、壊れにくく、しっかり糊付けされるのでとても重宝しています。

糊と聞くと液体のようなものを想像しますが、こんな風にチップ状のものを使っています。このチップを最初に見たとき、びっくりしました(笑)!!

16-11-29-03

このチップに熱を加えて液状にして使います。

16-11-29-02

180~200℃で溶かすので熱い…。

私は本を作る過程の中で製本が一番好きです。本になった~!という喜びを感じることができます(笑)。