報告書

テキスト

アルバム制作 卒業アルバム

自費出版 作品集 制作

広告代理店

 
 

オフィシャルブログ

 

原稿データ作成方法

 

原稿データの入稿方法

 

無料フォーマット

 

ご注文から納品までの流れ

 

お支払方法

 
 

担当者の挨拶

 
 

Q&A

 

会社概要

 

特定商取引法

 

お問合せ

 

サイトマップ

 

リンク

 

 

E-mail
お客様所在地
弊社到達の検索キーワード
 

用紙見本無料貸出
サンプル作成無料
データ確認無料
見積無料
納期厳守
品質保証
官公庁ご愛用
遠方から多数注文
 
印刷を発注する上で大切なこと
 

印刷を発注しようとしている「あなた」へ

 

できる限り「安く」「早く」「キレイ」に印刷するために

こちらの内容を先ずは抑えておきましょう。

先ずは印刷の仕様を決める

チラシ・名刺・冊子・伝票など印刷したいものが決まったら、その印刷物をどのような仕様にするかを決めましょう。絶対に決めなくてはならないことは次の内容です。

(1)ペラかページものか【チラシなどの1枚ものか冊子か】
(2)仕上がりサイズ
(3)枚数【部数】
(4)頁数
(5)色【モノクロ印刷かカラーなのか2色なのかなど】
(6)片面印刷or両面印刷
(7)用紙種類 【イメージや見本でも可】

印刷するものによって仕様は異なりますが、(1)〜(7)は印刷会社に話しをする前に決めておきましょう。用紙種類などでわからない場合はイメージだけでも決めておきましょう。

 

 

優先順位

仕様が決まったら次は「予算」と「納期」と「クオリティー」のどれが一番大切か、

優先順位を決めましょう。

「どうしても予算内に納めなければならない」
「どうしてもこの日までに印刷物がないと困る」
「どうしてもクオリティーの高いものでなければならない」

なぜ優先順位を決めるかというと、

(1)「納期」が一番大切なのに、どこの印刷会社に注文するか迷っている間に期日が迫ってしまい、「どこに頼んでも間に合わない」という状況があったり、こちらの下請け会社に頼めば早いけれども予算的に合わないという状況があるからです。

(2)「印刷」というものは多種多様な機械があり、「仕様」によって適切な印刷機が異なるため、印刷会社の決定には時間がかかる場合があります。(例えば、同じ「チラシ」でも1,000枚と100,000枚では適切な機械は異なります。)よって「予算」が一番大切な場合は時間に余裕を持って所有している機械を確認し、印刷会社を決定しましょう。

(3)「クオリティー」重視の場合も単純に機械が異なりますし、その印刷会社の「技術力」も異なります。クオリティー重視の場合は特に「コスト高」になる覚悟をしておいた方がよいでしょう。「・・・美術印刷」という名前の会社に問い合わせると良いと思います。

印刷会社の選択

印刷機は印刷種類・部数・用紙種類などの仕様により、それぞれに適した印刷機が何百種類とあります。 そしてすべての機械を所有している会社はおそらくないと思います。(大手の印刷会社でもすべてを自社で印刷するわけではなく下請け会社に印刷させる場合があるようです)

よって、

(1)各印刷会社が何の機械を所有していて

(2)どのような印刷物を得意としているか

を確認する必要があります。

印刷機と料金の関係

「数社に同じ仕様の印刷物の見積りをお願いしたが、各社で大きく料金が異なった」という経験をしたことはありませんか?なぜこんな結果が出てくるのかというと他のページでもお伝えしておりますが、見積もっている「機械」が違うからです。「機械」が異なると料金も大きく異なってきます。

極端な例をあげると、数百万部のチラシを印刷する機械を所有している会社に名刺を100枚注文したとしたら、少なくともセット料金だけで数十万円で見積りがくることでしょう。

実際にはありえませんが、名刺を作りたい場合は名刺専用の機械を所有している会社に注文した方がリーズナブルで納期も早いし、名刺の専門家であるということです。

「どんな印刷物でも大丈夫」について

印刷会社に問い合わせたときに「印刷物なら何でも大丈夫ですよ」と言われることがあった場合、その会社はおそらく印刷機を持っていないか、もしくは所有している印刷機を公表しておらず、所有印刷機以外は他社に発注して仕上げ、すべての印刷物に対応しています。 ただ、このことは印刷業界では普通のことで、全く悪いことではございません。

これには「メリット」「デメリット」があります。

デメリット

その会社で所有していない機械で印刷する場合に下請け会社または関係会社に任せるため、料金がアップする。

メリット

(1)1社にすべてを任せられるので「楽」

(2)印刷には「発注の仕方・印刷に適したデータの作り方」というものがあり、プロに任せておけば下請け会社に発注する場合でもミスが少ない

(3)下請け会社には一般からのお客様を受付しない会社(下請け専門会社)というものがあります。そちらにも窓口会社を通して発注できる。

ということがあります。

「印刷業界では機械が多種多様にあるので、仲介することは普通のことです。」

弊社でもお客様にお伺いして関係会社に依頼する場合が多々あります。

お客様が何を重要視するかによって印刷会社を決定した方が良いと思います。

「コストダウンをするために直接取引をしたいと考えるお客様は多いと思います。ただ、発注の仕方、データの作り方を間違えると、かえって高くなることがありますので、ご注意ください。」


 

 

E-mail:tkusunoki@himawali.co.jp

TEL:03-3235-1488

不完全なデータにも対応します。

無料相談サービスもしております。

 

 

↑このページのトップへ