報告書

テキスト

アルバム制作 卒業アルバム

自費出版 作品集 制作

広告代理店

 
 

オフィシャルブログ

 

原稿データ作成方法

 

原稿データの入稿方法

 

無料フォーマット

 

ご注文から納品までの流れ

 

お支払方法

 
 

担当者の挨拶

 
 

Q&A

 

会社概要

 

特定商取引法

 

お問合せ

 

サイトマップ

 

リンク

 

 

E-mail
お客様所在地
弊社到達の検索キーワード
 

用紙見本無料貸出
サンプル作成無料
データ確認無料
見積無料
納期厳守
品質保証
官公庁ご愛用
遠方から多数注文
 
PDFの操作&設定
 

プロの操作&設定を公開

 

「PDF=印刷データ」というわけにはいきません。

PDF上の書体(フォント)はすべて「埋め込みサブセット」処理を行って、確認も必ず行いましょう。

PDFデータのフォントが埋め込まれているかを確認する方法

pdf12_1.jpg Acrobat PDFを開き、右上の矢印から
pdf12_2.jpg 文章のプロパティを選択し
pdf12_3.jpg フォントを選択し、各フォントの「埋め込みサブセット」があるかを確認します
pdf12_4.jpg 上図のように「埋め込みサブセット」がないフォントは埋め込まれていません

PDFに変換するときのフォントの埋め込み方法

基本的にはAdobeのソフトを購入して変換するのですが、このソフトの料金が毎月数千円しますので、頻繁にPDFに変換して印刷物を発注する方はご購入された方が良いと思いますが、今回だけ印刷物を作成しようとお考えの方にはお薦め出来ませんね。あまり印刷物を発注しない方には弊社でもPDF変換サービスを1データ525円でおこなっております。更に、弊社に印刷物をご注文いただけるお客様は無料です。変換してもらいたいデータをメールに添付して送ってください。こちらで変換して返送しますよ。ただし、埋め込めないフォントがごく稀にありますのでご了承ください。弊社で印刷される方は無料サンプルが付きますので、そちらで目視でご確認ください。データ変換対応ソフトは「対応ソフトについて」と同じソフトです。

 

PDF保存設定

この設定は古いですが、印刷データとしては使用できますので、試してみてください。早速手順をご説明します。

・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

(注意!)

Adobe PDF Professional又はAdobe PDF Distillerをお持ちの方のみ設定できます。(こちらのソフトをお持ちでない方は設定できませんのでご注意ください。)

・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・−・

1.先ずPDFに変換したいデータを印刷する画面に行き、

プリンタ名を「PDF」に設定し「プロパティ」をクリックします。

2.そうすると下記の画面になりますので、

「PDF設定」の「編集」をクリックします。

3.そうすると下記の画面が出てきますので、左側の「一般」「画像」

「フォント」「カラー」「詳細設定」「規格」をそれぞれ設定していきます。

4.「一般」の設定は下図のようにしてください。

5.「画像」の設定は下図のようにしてください。

6.「フォント」の設定は下図のようにしてください。

7.「カラー」の設定は下図のようにしてください。

8.「詳細設定」の設定は下図のようにしてください。

9.「規格」の設定は下図のようにしてください。 すべて設定し終わったら

左下の「名前を付けて保存」をクリックします。

10.「ひまわり仕様」など、お好きな名前で保存してください。これで作業完了です。

11.実際にファイルを保存するときは「PDF設定」で保存した「ひまわり仕様」を選択して印刷・保存すれば、印刷に適したPDFデータの出来上がりです!

 

埋め込めないフォント

この内容も古いですが、試してみてください。

1.スタート画面の左下の「スタート」から「コントロールパネル」を選択

2.「プリンタとその他のハードウェア」をクリック

3.「プリンタとFAX」をクリック

4.「Adobe PDF」を選択し「ファイル」から「プロパティ」を選択

5.「デバイスの設定」から「フォント代替表」の左の「+」をクリック

6.そうするとフォントがたくさん出てきます。

その中で「Don't Substitute」以外のフォントがあります。

7.「Don't Substitute」以外に設定されているフォントを

8.すべて「Don't Substitute」に設定し、「OK」をクリックすれば完成です。

 

埋め込めていないPDFデータは無料サンプルで目視確認

PDFデータの文字が埋め込みできないというお客様がいらっしゃるのですが、その場合でも文字化けしない場合があります。ですので、弊社の無料サンプルサービスを利用して目視でご確認頂き、問題なければそのまま印刷が可能です。ただ、無料サンプルで文字化けを発見しますと、データを修正するしかありません。また、弊社は文字化け確認は行っておりませんので、お客様の方でご確認頂く必要があります。

 

 

 

E-mail:tkusunoki@himawali.co.jp

TEL:03-3235-1488

不完全なデータにも対応します。

無料相談サービスもしております。

 

 

↑このページのトップへ